まずはこちらの動画をご覧ください。※募集要項最下部にあります。

1892年に創業し、以来、人々の生活に明かりを灯してきた「高澤ろうそく」

和ろうそくのシェア日本一を誇るこのお店は、能登半島の入り口、石川県七尾市にあります。

120年もの間、伝統を守り続けてこれたのは、「常に挑戦を続け、変化をしてきた」から

 



海外からのニーズに対応し切れない、もどかしさ。



120年が経ち、高澤ろうそくが次の展開として考えたのは、「海外」への和ろうそくの販売でした。

これまでは海外事業部は持っていませんが、HP等を見た海外の店舗から問い合わせがあったり、商社を通じて少数だけ輸出は行なうことがありました。これを拡大し、一事業とする構想です。

何もしていない状態でも(少額ながら)売上がある状態であり、事業として本格的に展開すれば売れるかもしれないという仮説はありました。しかしながら、新しく社員を雇うほどの根拠はありませんでした。

また、高澤ろうそくは「家業」とも言える商業形態です。自由に動ける社員はそれほど多くなく、既存の業務を回していくには手一杯、という状態でした。

そんな理由から、本格的に動くタイミングを逃していました。

高澤ろうそく.JPG

 



海外事業を、大学生と共に動かす。



新しい動きが起きたのは、2015年夏のことでした。

「能登留学」の仕組みを活用して、やる気のある「大学生」を期間限定の海外事業担当者として募集しました。求めたのは「6ヶ月」という長期間。テーマは「海外マーケティング」でした。

 

数名の応募を経てマッチングしたのは、金沢大学3年の田村くん。

マーケティングのゼミに所属していた彼は、机上ではない、実践的なマーケティングの場を求めていました。

高澤ろうそく 田村.JPG

 



世界へ向けた、田村くんの地道な歩み。



どんな方が買ってくれているんだろうか?

既存の取引がある店舗は、どんな想いで販売してくれているのだろうか?
どんな言葉を使えば、海外の方の心に響くのだろうか?
一口で"海外"と言っても、それはアメリカなのか?ヨーロッパなのか?アジアなのか?

田村くんは、地道なWEB検索、海外店舗との(英語)メールのやり取り、他伝統産業事業者へのヒアリング、行政機関との連携などを通じて、複数の入り口からマーケティングを実施しました。

海外マーケティングの担当者が生まれたこと、そして、大学生の行動力でこれまで手が届かなかった調査ができたことによって高澤ろうそくの海外展開は、より現実的なものとして見えてきました。

満を持して、70近くの新規店舗に営業メール(英語)を送信したのが2月のこと。

そこから1ヶ月とちょっと。
彼の担当期間は終わってしまいましたが、
多くの店舗から返信があり、現在は取引開始に向けて交渉が進んでいます。

縁もゆかりもなかった大学生が生み出した、伝統産業を変えるかもしれない成果。

菜の花ろうそく.JPG

 



田村くんを引き継ぐ、海外事業担当者を募集しています!



高澤ろうそくは現在、『2017年度に海外事業部を設置し専属社員を雇用』を目標に動いています。

それまでの1年間は、大学生と一緒に事業を展開していく予定です。

事業責任者かつ受入担当者の専務の高澤久さんは常々、大学生とともに「これからの和ろうそくを一緒に考えたい」とおっしゃっています。

海外展開の過程を通じて、高澤ろうそくの本当の魅力や、価値となる強みを見つめ直すことができます。それは企業にとっては、必要だけれども中々作り出すことができない貴重な機会。だからこそ、大学が無い能登にはいない「大学生」と共に挑戦してみたいと思われているのです。

高澤ろうそく 久さん.JPG

  



【募集要項】海外マーケティング担当者



本事業は「能登留学」の仕組みを活用して行われます。

大学生は、高澤ろうそくでの実践的な事業推進に携わりながら、社会人スキル研修等を受けることができます。また、地域と密接に繋がった生活を通じて、自身の今後のキャリアを考える貴重な機会となります。

伝統産業の展開に関心ある学生はもちろんのこと、将来は地方で仕事をしたい、まちづくりの現場に関わってみたい、東京以外の"ふるさと"がほしい、といった方々にもおすすめです。

募集要項は下記の通り。

  • 企業名 :株式会社高澤商店
  • 期間  :2016年4月中旬〜9月(約5ヶ月間、延長も可能)
  • 勤務地 :石川県七尾市
  • 勤務形態:①金沢・富山の大学生 = 週2〜3日 能登で勤務(木金土など)
         ②上記以外の大学生  = 休学して能登に住み込み
  • 宿泊場所:七尾インターンハウス
  • 生活費 :必要。詳細は選考時に
  • 募集〆切:2016年4月10日(日) 

高澤ろうそく③.jpg

 



問い合わせは、能登留学コーディネーターまで。



マッチングまでのサポート、また研修が始まってからの生活面・業務面それぞれのサポートをコーディネーターが行います。まずは、下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

<mail> ryu.okamoto@misogigawa.com  (岡本)

<tel> 0767-54-8866

コメントする